海上の森・夢見る山から愛・地球博


 愛知県陶磁資料館


愛知県瀬戸市南山口町234番地
tel.0561−84-7474
http://www.pref.aichi.jp/touji/

広い敷地に大小3つの展示棟がある。
縄文以来のやきもの。
アジア、欧州のもの。
愛知の陶芸家の作品、など、幅広いコレクションをしている。
猿投(さなげやま)山のふもとに、猿投窯の資料を保存するために計画されたが、瀬戸、常滑という古くからの窯業ブランドもあることから、世界のやきものまで見通した陶磁の殿堂をめざしたという。

ごく正統的な展示で、落ち着いて見てまわれる。
ただ、さすがに殿堂で、暗めの照明、どっしりとしたつくりで、厚く深い色の壁など、やや重苦しい気分にさせられる。

愛知万博にあわせて企画された「桃山陶の華麗な世界」は、さすがに力の入った企画で、名品をいくつも見ることができた。


* 僕が偏愛する遠山記念館のコレクションから、美濃産の『黄瀬戸草花文平鉢』と『備前平鉢 銘佐藤』の2点が、はるばる運ばれ、展示に加わっていた。
遠山記念館は、一般にはあまり知られていない美術館だと思うのだけれど、思いがけないところで、そのコレクションが展示されているのに出会うことがよくある。それだけいいものをもっているということなのだろう。
→[ ポンポン山から遠山記念館 ]










TOPこのコースのはじめに戻る次へ→