7月第4週(3) 天の川の3−小川の七夕 


家族と小川の七夕に行った。
いつもの年は2日にわたって開かれるのに、今年は参議院議員選挙の投票日がはじめに見込まれたより1週延びたものだから、日曜日が七夕祭りと重なってしまい、7月最後の土曜日の1日だけの開催になった。

小川町の駅から出て、正面の通りから飾り付けがある。
11時前に着いたら、まだ最後の飾り付けをしているところだった。


いちばん初めにある笹には、本田技研を歓迎する文字。
2009年開業予定でホンダのエンジン工場が作られるのだが、町の期待の大きさがわかる。
小川の七夕:駅正面の通り

小川は小さい町なのに、造り酒屋が3つもある。その晴雲、武蔵鶴、帝松の樽をみこしにして、子どもたちが担いで練り歩いていく。

突きあたったところに2台の屋台が並び、祭囃子を鳴らしている。
旧街道も今日は自動車の通行を止めて、七夕飾りがなびいている。
細い路地にも飾り付けが並んでいるので、入っていってみる。頭の上からたなびいてくる白い細い紙の重なりもきれいだが、足もとには灯籠が並んでいる。夜になって灯りがともされたらきれいだろう。

こんな生活的な道にもホンダを歓迎する飾り付けがあった。アシモのイラストまでかいていある。 小川の七夕:ホンダを歓迎してアシモのイラスト

裏の通りで、短冊飾りをセットしている女性を見かけた。
竹飾りコンクールがあり、ついがんばってしまうといいながら、笹に短冊のほかにも、アニメのキャラクターを模した紙人形を並べている。

しかし暑い。
七夕というくらいで、夕方のほうがよかったみたいだ。暗くなると花火もあるし。でも家族が夜に用ありだったりして仕方なかった。高齢の母もいるので涼しい店に昼食に入った。