二ツ岳・オンマ谷から徳富蘆花記念文学館


 二ツ岳・オンマ谷  
 徳富蘆花記念文学館 
 松本楼の温泉+ピノンのランチ 

榛名連山のうち、最後にできたのが、二ツ岳の雄岳(1345m)雌岳(1306m)の、溶岩円頂丘のピーク。雪が残る日に出かけたら、思いがけない眺めにであえた。
徳富蘆花記念文学館は、伊香保を気に入り、伊香保を最期の地に選んだ作家の生涯を展示している。伴の者を引き連れた、親分のような死の迎え方だったようだ。
ひっそりと亡くなった竹久夢二との、対照的な人生の終わり方に思い至る。



TOP次へ→