榛名山(掃部ケ岳)から竹久夢二伊香保記念館・榛名町歴史民俗資料館



 4  ル・コルビュジェと竹久夢二 
 4-1  家は住むための機械 


竹久夢二の日記を読んでいて、とても驚かされる文章があった。

家は住むキカイ。
桑港の家は自働車のやうだ。

1931年、アメリカ滞在中、7月10日と8月8日の間にいくつか短い記述があるなかの1つだ。(桑港はサンフランシスコ)

ル・コルビュジェが「家屋は住むための機械である」という、今もしばしば引用され、論じられる言葉を記したのは、1923年刊行の’Vers une architecture ’で、1920−21年にエスプリ・ヌボー誌に連載した文章をまとめたもの。
最初の日本語訳は、「建築芸術へ」と題され、宮崎謙三訳、構成社書房、1929年の発刊であった。
(現在、手に入るのは「建築をめざして」 吉阪隆正訳 鹿島出版会 1967 )

竹久夢二がル・コルビュジェを読んでいたのか。
アメリカの機械文明に触れて思いついた比喩が、たまたまル・コルビュジェの言葉と一致したのか。

不思議に思っていたら、アメリカでの夢二の軌跡を追った鶴谷壽の著書に回答があった。(「夢二の見たアメリカ」 鶴谷壽 新人物往来社 1997 )
夢二がロサンゼルスの日本語新聞『加州毎日』に連載(1932.3.17-4.1)した「南加感傷」という記事にル・コルビュジェの名前がでてくる。

『家は人の住む機械なり』とル・コルビユジが言ひ出したので私は驚いたが、アメリカでは『家は労れて帰つて眠る所なり』だ。スウヰト、ホームといふ歌は、祖母さんが死んでしまつたら、もう誰も知つた者がなくなるであらう。
 手巾がその人のネクタイと服とを決定するやうに、ギヤス、パイプがファニチュアの効果を決定するモテイフになるのだといふ。(3.21付)


竹久夢二は、ただ、はかなげな絵を描いた人ではなかったと思う。
若い頃には先端的な社会思想家に親近感をもち、荒畑寒村幸徳秋水などと交流があったこと。時代を表象する絵や詞や工芸品を生み出すセンス。大量生産ではない、生活と芸術家が結びついた生産を構想した「榛名山美術研究所」の計画。関東大震災など、社会的事件に強い関心をもち、絵にかき、文章にするジャーナリスト的感覚。滞欧中には、ナチスから迫害を受けるユダヤ人の救出にも関わっていたという。

今も大きな影響を及ぼしているル・コルビュジェに、早い時期に関心を寄せるところにも、竹久夢二の鋭敏な時代感覚を感じる。


TOPこのコースのはじめに戻る次へ→