水沢山からハラミュージアムアーク・渋川市美術館


 水沢観世音釈迦堂+水沢うどんの茶室 


■ 水沢観世音釈迦堂

群馬県北群馬郡伊香保町水澤214−1
tel.0279−20−3227

水沢観世音は、1300年ほども前、推古天皇の勅願により開かれたという歴史がある。
1990年代に仏像の保存修理が行われ、2001年に、それらを安置するために釈迦堂が作られた。
正面中央に釈迦三尊。
ずらりと並んだ二十八部衆は、さまざまな造形がおもしろい。
円空佛がいい顔をしている。

保存にはいいだろうし、暗い堂内の遠くにあるより、よく見えて、それはありがたいことだが、ほとんど美術品・文化財の展示施設になっている。
山門にあるべき仁王像も、中に収まってしまっている。
博物館ならともかく、現役の寺がほとけさまをこんなふうに「展示」にしてしまっていいのかなとも考えてしまう。
でもあくまで釈迦堂で、無料で入れて、展示施設ではないという姿勢はある。
保存にも配慮しながら、あくまで祈りの施設であるという建築的解決もあったのではないかと惜しい気がする。











釈迦堂の背後にあるのが水沢山。

□ 六角堂
六角の回転する経塔がある。
回転させるための棒がすっかり丸くなっている。
これだけすり減るだけの願いがこめられている。






■ 水沢うどん大澤屋 遊喜庵(茶室)

群馬県伊香保町水沢198
tel.0279−72−3295
http://www.osawaya.co.jp/
原広司+アトリエ・ファイ建築研究所 1989

水沢はうどんで名高く、その老舗の大澤屋の茶室を原広司が設計している。見学はできないので、外から眺めるだけ。




TOPこのコースのはじめに戻る次へ→