観音山から高崎市美術館・高崎哲学堂・群馬音楽センター



観音山は、高崎市街からは烏川を隔てた西にある低い山稜の一部。
高崎市の井上工業という建設会社のかつての経営者で、高崎・群馬の文化の発展に大きな貢献をした井上房一郎の父、井上保三郎が建立した白衣大観音(高崎観音)がある。
そこから山稜をさらに西に向かう高崎自然歩道が整備されている。
その終点には、ナチスのドイツから追われて来日した建築家ブルーノ・タウトを、井上房一郎が世話して滞在させた洗心亭が、少林山達磨寺のなかにある。
高崎市街に戻ると、駅の近くに高崎市美術館があり、そのすぐ裏手に高崎哲学堂がある。これは、井上房一郎が建築家アントニン・レーモンドの自邸を模して作った住居を、井上の死後、転用している。
アントニン・レーモンドの名作、群馬音楽センターも近い。


 1−1  観音山・少林山 −白衣大観音 井上保三郎碑 達磨寺
 1−2   井上房一郎とブルーノ・タウトと洗心亭 
 1−3  井上房一郎とブルーノ・タウトとアントニン・レーモンド(+ヴォーリズ)
 1−4  井上房一郎とブルーノ・タウトと竹久夢二

 2  群馬音楽センター −アントニン・レーモンド 
 3  高崎市美術館 ・ 高崎市タワー美術館 ・ 高崎シティギャラリー   
 4  山田かまち水彩デッサン美術館 
 5  高崎哲学堂 −アントニン・レーモンド 
 6  高崎市営駐車場ウエストパーク−隈研吾 熱海・日向邸 井上工業
 7   リスト + 年表 −井上房一郎.タウト.レーモンドをめぐる人々の−


高崎市     http://www.city.takasaki.gunma.jp/
少林山達磨寺 http://www.daruma.or.jp/

          ◇          ◇

<高崎哲学堂発 井上房一郎、ブルーノ・タウト、アントニン・レーモンドをめぐる旅> −第1回−

井上房一郎は、群馬県立近代美術館や、群馬音楽センターと群馬交響楽団の設立をすすめるなど、高崎と群馬の文化の発展に大きな貢献をした。
ブルーノ・タウトアントニン・レーモンドをはじめ、その文化的ネットワークはとても広いもので、前から、井上房一郎の軌跡をたどって旅をしたらどこまで行くことになるだろうと考えていた。
まずはじめに高崎からスタート。


第2回[ 榛名山(掃部ケ岳)から竹久夢二伊香保記念館・榛名町歴史民俗資料館 ]
第3回[ 赤城山(黒桧山・駒ガ岳)から群馬県立近代美術館・群馬県立歴史博物館 ]
第4回[ 入笠山から (旧) 富士見高原療養所・富士見町高原のミュージアム ]
第5回[ 尾張本宮山・信貴山から博物館明治村
第6回[ 茶ノ木平・明智平から旧イタリア大使館別荘 ]
第7回[ 西なぎさから葛西臨海水族園・歌舞伎座

          ◇          ◇

人それぞれに思いをこめた日本の旅を公募する「わたしの旅」という文化庁の企画があり、井上房一郎をめぐる旅を『20世紀初頭、外国人建築家が見た日本をめぐる旅』と題して1つのコースにまとめて応募したところ、特別賞に選ばれました。(応募案はこちらをご覧ください。

さらにそのコースを、実際に提案者が旅するところを撮影してNHKのテレビ番組になりました。提案者が実際に旅をするところをロケし、2007年6月29日(金) 22:00−23:28 NHK総合テレビ 『プレミアム10 ザ・ロード わたしの旅』というタイトルで放送されました。




TOP次へ→