安芸小富士から平和記念資料館・ひろしま美術館


4−1  広島県立美術館/日建設計
 縮景園


■ 縮景園
広島市中区上幟町2-11
広島駅から栄橋経由約900メートル
tel. 082-221-3620 fax.082-221-0515
http://shukkeien.jp/

広島藩主の別邸の庭園。作庭者は茶人・家老の上田宗箇(そうこ)で、1620年から作られた。
縮景園という名は、あちこちのすぐれた景色からイメージを集め、コラージュしたことによるといわれるが(ポスト・モダンである)、中国杭州の西湖(せいこ)を模して縮景したともいわれる。
中央に池を掘って島を浮かべ、周囲に山を築き、渓谷、橋、茶室、四阿(あずまや)をめぐるように作られた回遊式庭園。
原爆で壊れたが、戦後、茶室なども含め、復元された。
 

■ 広島県立美術館
広島市中区上幟町2−22(縮景園の隣)
tel. 082-221-6246 fax.082-223-1444
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/
 

1968年に開館。1995年に日建設計の設計により改築し、1996年に再開館。
縮景園の眺めを美術館の庭園のように借りて、広々して、落ち着いた雰囲気を作っている。
1. 広島県ゆかりの美術作品 2. 日本とアジアの工芸作品 3. 1920−30年代の美術作品をテーマしている。
2の、日本とアジアの工芸作品の中でも、染織や刺繍など、布のコレクションは他の県立美術館ではあまりない珍しいものだと思う。
(写真:県立美術館の庭が縮景園にそのままつながっていく。)
 



TOPこのコースのはじめに戻る次へ→