仙元山から山口蓬春記念館・神奈川県立近代美術館 葉山


 神奈川県立近代美術館 葉山 


神奈川県三浦郡葉山町一色2208−1 
tel. 046−875−2800
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/index.html

神奈川県立近代美術館の新館として、三浦半島の西岸、葉山しおさい博物館に隣接する浜に建てられ、2003年10月に開館した。

鶴岡八幡宮境内にある坂倉準三設計の鎌倉館(1951年)、そのすぐ近くの大高正人設計の鎌倉別館(1984年)とあわせて、3館体制になった。

          ◇          ◇

PFIという、公共施設の新しい建設・運営手法により建てられ、運営されている。
PFIというのは、「公共施設等の設計、建設、維持管理及び運営に民間の資金とノウハウを活用することにより、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図る手法」と定義されている。
具体的には、複数の企業グループが、設計・建設・運営方法及びその収支計画を提案する。
判定者はさまざまな角度から提案の内容を検討し、採用案を決定する。
必ずしも収支計画の数字のみで、もっとも経費がかからない、あるいは収支状況がよいと見積もられていることが決定的要件ではない。
学芸部門は県の学芸員が従来どおり担当し、作品の購入・所蔵も県の領域になる。

入札により受託したのは伊藤忠商事美術館PFIグループで、施設の設計は佐藤総合計画であった。

*PFI:公共施設等の設計、建設、維持管理及び運営に民間の資金とノウハウを活用することにより、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図る手法。
入札により受託したのは伊藤忠商事美術館PFIグループ。
施設の設計は佐藤総合計画 

神奈川県ホ−ムペ−ジ 
  うちPFIについては、

 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/zaisan/pfi/index.htm

          ◇          ◇

鎌倉館は、公立美術館として先導的役割を果たしてきた。
ずいぶん記憶に残る展覧会を見せてもらったし、鎌倉からは三浦半島を横切った反対側の横須賀で働いていた時期もあり、思い出が深い。
その美術館が新館をつくるからには、美術館の建築としても、またきっと新しい展望を開くようなものを見せてくれるだろう−と期待して見にいったのだが、やや失望した。
景勝の地の研究施設のようでもあり、原宿あたりの商業施設のようでもある。いまどき、あちこちにありそうな素材とデザイン。
鎌倉での反省をふまえて、機能的には十分な内容を備えたのだろうし、ストレスなく展示を見ていけるし、海の眺めもいいのだけれど、ちょっと物足りない気がした。

→ [ 六国見山から神奈川県立近代美術館 ]


TOPこのコースのはじめに戻る