街を歩いて美術展 5 街でひらかれた美術展の記録


2003年

六本木ヒルズ パブリックアート アンド デザイン  

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003  

ミュージアムワークショップ2003 「野原でとっても大きな絵を描こう」 

中央区江戸開府400周年事業 アーティスト・イニシアティブ・リンクス・パドゥルズ2003 『歴史と創造、未来へのモンタージュ』展

カウパレード東京in丸の内2003

art-Link 上野-谷中 2003



六本木ヒルズ パブリックアート アンド デザイン









2003 春−

森美術館 www.mori.art.museum

イザ・ゲンツケン ジャスパー・モリスン
ソル・ルウィット チェ・ジョンファ
ツァイ・グォチャン ドゥルーグ・デザイン 
日比野克彦 マーティン・ブーリエ
宮島達男 ルイーズ・ブルジョワ

アンドレア・ブランジ 伊東豊雄
内田繁 エットーレ・ソットサス
カリム・ラシッド トーマス・サンデル
三浦啓子 吉岡徳仁
ロン・アラッド

写真左は、テレビ朝日前のマーティン・ブーリエの作品を、雨の日に撮影。
テレビ朝日を設計し、その内外のパブリック・アートの選択・設置にも関わった槇文彦の話−
この作品が人気があるので、テレビ朝日ではニックネームを募集しようかという意見がでています。僕だったら「タマちゃん」..(笑)
(2003.5.10六本木ヒルズ完成記念「アート、デザイン、そして都市」シンポジウムの基調講演「アートと建築:その偶然の出会いをめぐって」)



大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003


会期:2003.7.20−9.7
会場:越後妻有6市町村(新潟県十日町市、川西町、津南町、中里村、松代町、松之山町)全域762km2
主催:大地の芸術祭・花の道実行委員会
総合ディレクター:北川フラム
アートアドバイザー:ホウ・ハンルゥ  ローザ・マルティネス   トム・フィンケルパール   中原佑介
事務局:十日町地域広域事務組合企画振興課
新潟県十日町市大字北新田1−10 tel.0257-57-2637
東京事務局:アートフロントギャラリー
東京都渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスA棟
tel.03-3476-4360
http://www.echigo-tsumari.jp/

→ [ 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2003 ]


参加アーティスト:23カ国約150組
(番号は公式ガイドブックとガイドマップのもの。
この表での欠番は2000年の作品にふられている。
=番号がとんでいるところでは、近くに2000年の作品があり、見ることができる。)

サイン
1 ジョゼ・ド・ギマランイス  ポルトガル
CD
2 ジョナサン・ベプラー  アメリカ
プロポーザル
221 ホワン・ヨンピン  中国
222 メル・チン  アメリカ
223 ベルリンド・ドゥ・ブリュッケーレ  ベルギー
224 ガーダ・アメール  エジプト




古郡弘「盆景−U」


十日町市

3 原広司+アトリエ・ファイ建築研究所  日本
4 大山由華  日本
5 ピーター・ハッチンソン  イギリス
6 ニコス・ナヴリデス  ギリシャ
7 リン・ティエンミャオ(林天苗)  中国
8 ジャン=フランソワ・ブラン  フランス
9 藤浩志  日本
10 フタボンコ  日本

11 パルコキノシタ  日本
13 ミエレル・レーダーマン・ユケレス  アメリカ
14 木村崇人  日本
15 星野健司  日本
16 郷晃  日本
17 スティーヴン・アントナコス  ギリシャ
18 WhiteBase(平野治朗+斉藤精一)  日本
19 松宮喜代勝  日本
20 曽我部昌史+拡張版東京芸大曽我部ゼミ  日本

21 菱山裕子  日本
22 筑波大学芸術学系貝島研究室+アトリエ・ワン 日本
23 北川貴好  日本
24 古川弓子  日本
25 小泉雅生+東京都立大学小泉研究室  日本
26 サビーナ・カマール  ドイツ
27 磯崎道佳  日本
28 堀浩哉&ユニット00  日本
30 袴田京太朗  日本

31 ワン・ゴンシン(王功新)  中国
32 中川幸夫  日本
33 田中功起  日本
34 昭和女子大学杉浦久子研究室+杉浦友哉 日本
35 緒方篤+C・M・ジャッジ  日本/アメリカ
36 工学院大学藤木隆明研究室  日本
37 月岡彩  日本
38 渡辺真理+法政大学渡辺研究室  日本
39 今村雅樹+日本大学  日本
40 牛嶋均  日本

41 宮城大学千葉政継・平岡義浩ゼミ 日本
42 キム・ソラ/ギムホンソック  韓国
43 林剛人丸  日本
44 クロード・レヴェック  フランス
45 池田光宏  日本
46 杉原有紀  日本
47 眞田岳彦  日本
49 R&Sie建築事務所  フランス
50 朝岡あかね  日本

51 長澤伸穂  日本
54 水内貴英  日本
55 渡辺泰幸  日本
56 日本工業大学小川次郎研究室+黒田潤三  日本
57 彦坂尚嘉  日本
58 リュイス・サンス  スペイン

61 古郡弘  日本 (写真)





川西町

63 to the woods ( トゥー・ザ・ウッズ)  日本
66 たほりつこ  日本
67 母袋俊也  日本
70 新田和成  日本
81 小本章  日本
82 太田三郎  日本
83 カールステン・ニコライ  ドイツ
84 大久保英治  日本
85 春日部幹  日本





本間純「Melting Wall」
津南町

86 磯部聡  日本
87 海老塚耕一  日本
88 本間純  日本 (写真)
89 キム・クーハン(金九漢)  韓国
91 キキ・スミス  アメリカ
96 ステファン・バンツ  スイス





カサグランデ&リンターラ建築事務所「ポスト・インダストリアル・メディテーション」
中里村

99 カサグランデ&リンターラ建築事務所 フィンランド (写真)
100 山田良+山田綾子 日本
101 アン・グラハム オーストラリア
102 ソフィー・リステルフーバー フランス
104 青木野枝 日本
110 坂口寛敏 日本
111 磯辺行久 日本





土屋公雄「創作の庭」





松代町

112 MVRDV  オランダ
113 クリスティアン・バスティアンス+ナン・フーヴァー  オランダ
114 粟津潔とN・A・R・A探検隊  日本
115 ジョセップ・マリア・マルティン  スペイン
116 ジャン=リュック・ヴィルムート  フランス
117 牛島達治  日本
118 ファブリス・イベール  フランス
119 河口龍夫  日本
120 藤本修三  日本

122 小沢剛  日本
123 松田重仁  日本
124 草間彌生  日本
125 歳森勲  日本
126 井上廣子  日本
141 エコ・プラウォット  インドネシア
142 チャン・ユンホ(張永和)+非常建築  中国
143 柳澤紀子  日本
145 ペリフェリック  フランス
147 トビアス・レーベルガー  ドイツ
148 ハーマン・マイヤー・ノイシュタット  ドイツ
149 セツ・スズキ  日本
150 ヘリ・ドノ  インドネシア

153 前山忠  日本
154 村木薫  日本
155 ナイジェル・ヘリヤー  オーストラリア
156 大阪教育大学・加藤可奈衛ゼミ  日本
157 琉球大学・小林豊ゼミ/スプリーティトスゼミ  日本
158 京都教育大学・岩村伸一ゼミ  日本
159 大阪教育大学・佐藤賢司ゼミ  日本
160 和歌山大学・高木栄一/永沼理善ゼミ  日本

161 鳴門教育大学・鈴木久人+内藤隆ゼミ  日本
162 山形大学美術教育講座・雨宮透ゼミ/河野令二ゼミ/和田直人ゼミ 日本
163 大阪教育大学・星憲司ゼミ  日本
164 福島大学・新井浩ゼミ  日本
165 信州大学・藤田英樹ゼミ  日本
166 上越教育大学・西村俊夫ゼミ  日本
167 信州大学・木村仁ゼミ  日本
168 鳴門教育大学・井戸川豊+谷口幹也ゼミ  日本
169 瀬戸川満里子  日本
170 滋賀大学・大嶋彰ゼミ/新関伸也ゼミ/藤田昌宏ゼミ  日本

171 大阪教育大学・江藤亮ゼミ  日本
172 福島大学・渡邊晃一ゼミ  日本
173 島根大学・小谷充ゼミ/石上城行ゼミ  日本
174 鳴門教育大学・野崎窮ゼミ  日本
175 上越教育大学・高石次郎ゼミ  日本
176 神戸大学発達科学部創作系合同ゼミ(岸本吉弘ゼミ/塚脇淳ゼミ) 日本
177 新潟大学教育人間科学部・郷晃ゼミ/佐藤哲夫ゼミ/丹治嘉彦ゼミ/橋本学ゼミ 日本
178 土屋公雄  日本 (写真)
179 塩澤宏信  日本

182 マーリア・ヴィルッカラ  フィンランド
186 日比野克彦  日本
187 保科豊巳  日本
188 中瀬康志  日本
189 ホルヘ・イスマイル・ロドリゲス  メキシコ
190 ジャン=ミッシェル・アルベローラ  フランス





クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「夏の旅」
松之山町

192 笠原由起子+宮森はるな  日本
193 庄野泰子  日本
194 逢坂卓郎  日本
195 遠藤利克  日本
196 川俣正  日本
197 ジェニー・ホルツァー  アメリカ
198 木村豊彦+松之山の人々  日本
199 ジョン・クルメリング(テキストデザイン浅葉克己)  オランダ
200 リンダ・コヴィット  カナダ

201 舟越直木  日本
202 山口啓介  日本
203 潮田友子  日本
204 クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン  フランス (写真)
207 マリア・テレサ・アルベス  ブラジル
209 ジャネット・ローレンス  オーストラリア
210 ローレン・バーコヴィッツ  オーストラリア

211 ロビン・バッケン  オーストラリア
212 マリア・マクダレーナ・カンポス=ポンス  キューバ
214 スラシ・クソンウォン  タイ
216 マグダレーナ・イェトロヴァ  チェコ
220 ペドロ・レイエス  メキシコ




ミュージアムワークショップ2003
野原でとっても大きな絵を描こう




2003.8.21(木)
観音崎公園走水園地
(京浜急行浦賀駅から観音崎バス停下車)
主催:横須賀市教育委員会美術館準備室
  tel. 046ー822−8432 
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/museum/

講師:守屋行彬 小串里子

横須賀市美術館の建設予定地で開催された、美術館開館の予告を兼ねたワークショップ。
真夏の暑い森のなかで、からだから、服から、全身を絵の具だらけにしたのは、子どもたちだけではなくて、親も、講師のアーティストも、運営を手伝ったボランティアの学生も。
大きな布に描いたあとは、四角に切って、参加者は気に入った部分を持ち帰った。
(左の写真は四角に切り分けているところ)

横須賀市美術館は2007年に開館予定。
横須賀型資質評価方式」で建設準備を進めている。
いきなり美術館の設計案を公募するのではなく、美術館の設計を任せるのにふさわしい人をまず選び、それから市民も参加して、どのような美術館を実現していくか決めていくという方式。
設計者には、山本理顕氏が選ばれている。
僕にとっても横須賀は、かつて数年働いていたことのある思い出の地で、よい美術館が作られるといいと思う。



中央区江戸開府400周年事業
アーティスト・イニシアティブ・リンクス・パドゥルズ2003
『歴史と創造、未来へのモンタージュ』展




2003.9.13−24
場所:十思スクエア(中央区日本橋小伝馬町5−1)
主催:W3 /ダブリュー・キューブ・プロジェクト
http://puddles.itodenwa.com/

参加作家
・オランダ
 カミエル・ヴァーシュレン
 トーマス・アンカースミット
 ドレイ・ワーぺナー
 ヘルト・リートフェルト
 リザベト・ビック +ヨス・ファンデポル
 パウル・パンハウゼン
・ドイツ
 アン・ジィーバッハ
 ゲオルグ・ディエッツラー
 ハンス w・コッホ
・アメリカ
 フィル・二ブロック
・ベルギー
 マリア・ブロンデール
・メキシコ
 マニエル・ロッチャ・イトルビーデ
・日本
 伊藤洋介(W3)
 水留周二(W3)
 箭内新一(table-B)



カウパレード東京in丸の内2003




團紀彦「a Myth of the Land -土地の神話-」






みかんぐみ「思ってることをみんな牛に打ち明けよう」
2003.9.5−10.5
主催:カウパレード東京in丸の内2003実行委員会
(東京都 千代田区 江戸開府400年記念事業実行委員会 東京商工会議所 東京コンベンションビジターズビューロー 大手町・丸の内・有楽町地区再開発推進協議会 NPO法人大丸有エリアマネジメント協会 東日本旅客鉄道株式会社 株式会社東京国際フォーラム 三菱地所株式会社 

http://www.cowmarunouchi.jp/

参加作家:
浅葉克己 天野鮎 
石黒亜矢子 いしばしめぐみ
伊勢克也 岩井俊雄
宇野亜喜良 ウミノウシオ
岡美里 尾崎仁美 オヤマダヨウコ
カオルコ 亀島耕 川原マサキ
岸啓介 喜多村紀
サダヒロカズノリ さとうりさ
4G44DG(橋本成樹 初芝久嘉 赤井啓明)
シマモトタケユキ 白根ゆたんぽ
スージー甘金 杉谷知香
千住博
田中修一郎 田中英樹 谷口広樹 團紀彦
鶴飼紳祐
Terry Johnson 天明幸子
ニシガキヒロミ 蜷川有紀
日比野克彦 びるかわ幸恵 ヒロ杉山
藤本ひづる 堀尾幸男
馬田純子
みかんぐみ(加茂紀和子 曽我部昌史 竹内昌義 マニュエル・タルディッツ)
宮崎勇次郎
山本容子 横山豊蘭
ラジカル鈴木





art-Link 上野-谷中 2003









このあたりはいつ行っても長閑でいいが、このイベント期間はとくに楽しい。
今回は1個200円のガチャガチャのお楽しみもあった。
2003.9.27(土)−10/13(日)
主催:art-Link 上野-谷中 2003 実行委員会
http://artlink.jp.org

参加作家・団体:
アート スペース ゲント
アトリエ アラン ウェスト
アトレ上野
上野の森美術館
ギャラリー五辻
ギャラリー Kingyo
gallery J2
K's Green Gallery
工房 徳元ショールーム「藍と絹のギャラリー」
国立科学博物館
国立国会図書館国際子ども図書館
国立西洋美術館
時夢草庵
スカイ・ザ・バスハウス
すぺーす小倉屋
台東区立朝倉彫塑館
東京藝術大学 大学美術館
東京国立博物館
日本芸術院
HIGURE17-15cas
ミュージアムアートギャラリー
谷中ギャラリー大地堂の眼
谷中芸工展2003実行委員会

カワチキララ
鈴木耕一
須藤正樹
木谷安憲
ナカムラユミ
野口隆之
野口百合子
星衛


 TOP / 「街でひらかれた美術展の記録」の INDEXに戻る