蕃山から仙台のミュージアム

 
0 はじめのページ
1 蕃山
2 せんだいメディアテーク/→ [ 伊東豊雄とせんだいメディアテーク
3 宮城県図書館
4 文系 :宮城県美術館 仙台文学館/
5 理系 :仙台市科学館 斎藤報恩会自然史博物館 東北大学理学部自然史標本館
6 その他 (複合) :
  カメイ記念展示館 地底の森ミュージアム 仙台市博物館 赤門美術館/




4 文系:宮城県美術館 仙台文学館


宮城県美術館

青葉区川 内元支倉34-1
   仙台市営バス16番乗場交通公園行き「二高・仙商・美術館前」
休館:月曜日(休日の場合は開館) 12/29-1/3
9:30-17
tel.022-221-2111〜4  fax.022-221-2115
http://www.pref.miyagi.jp/syougaku/Art.htm


中庭の回廊が印象的な美術館。そこに導くように、通りから正面入口方向に続く柱列は、ダニ・カラヴァンの制作。1994年から1995年にかけて全国7館を巡回した展覧会に際してカラヴァンが制作した。
本館を弧で包むように増築した佐藤忠良記念館の接続のしかたも面白い。
設計:本館−前川国男  佐藤忠良記念館−大宇根・江平建築事務所



仙台文学館

青葉区北根2-7-1 台原森林公園
  仙台駅前からバスで北根二丁目・仙台文学館前下車、
  徒歩5分

[市営バス]駅前バスプール13番宮城学院行
       仙台ホテル前 23番 地下鉄八乙女駅行
[宮城交通バス]仙台ホテル前 20、21、22番
     宮城学院行・虹の丘団地行など北部団地方面行
地下鉄台原駅下車、徒歩20分(台原森林公園内を経由)
休館 :月曜日( 祝日、振替休日の場合は開館 )
    休日の翌日( 日曜日、祝日の場合は開館 )

月末日 12/28-1/4
9-17
tel.022-271-3020 fax.022-271-3044
http://www.lit.city.sendai.jp/hp/index-sml.htm






台原森林公園の一端にあり、細い川の流れに橋のように建物が架かる。
内部は明るく開放的で、配色もきれい。
美術館や博物館と違って、文学館には2次資料が多い。作家が執筆に使った万年筆だとか、散歩のときにいつも持ち歩いた帽子とステッキだとか見ても、もとからその作家の熱狂的愛好者でもない限り、それがどうしたといいたくなる。
作品に少しでもふれようとすると、かなりの文字を読むことになる。立ちどおしで読むのはつらい。こんなにも立ったまま読ませるのかと、腹立たしくなることさえある、(これは美術館や博物館でビデオを使った展示などでも、よく思うことがある)

ところが、ここではいくつも椅子が用意してあって、ゆっくり読むことができる。こういう心づかいは、ぜひ多くの展示施設に広がってほしい。

ただ庭が不調和なことが惜しいと思った。石灯籠に松の木といった和風を基調にした庭が、流れに沿って作られている。森林公園という自然の豊かな背景からも、文学館の幾何学的な造形からも異質で、なんだかそぐわないように感じられる。
(宮城県図書館の周囲は、手を加えたのが見られない雑木林だった。)
設計:ネオタイド建築計画 http://www.jade.dti.ne.jp/~neotide/

次へ→


  TOP