大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2003



 2  廃校をよみがえらせる

番号は公式ガイドブックとガイドマップのもの。


204 クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン フランス 「夏の旅」 松之山
Christian Boltanski+Jean Kalman  Voyage d'Ete'

松之山町東川小学校跡。
子どもの服や、学校で使ったスリッパを、天井から吊している。
積み上げた本、音楽室の机などを、白い布で覆う。
理科室には、植物が雑多にまかれ、白いカーテンを揺るがせて、外からの風が吹きこんでいる。
廊下では数台の扇風機が、まちまちに首をふりながら回っている。
そそられる。


104 青木野枝 日本 「LIKE SWIMMING」 中里
中里町高道山小学校跡。
体育館の後ろの坂を上がったところに小さな校庭があり、低い草が生えている。
作品は鉄棒を組んだ三角柱が2つ。子供達が作ったイメージを溶接してある。
作品の存在を際立たせず、そっと置いた感じで校庭になじんでいる。


200 リンダ・コヴィット カナダ 「名前蔵」 松之山
Linda Covit Storehouse of Names

松之山町三省小学校跡。
校庭に円筒形の台を組み、550個の、焼いた、黒い小鉢を置いてある。小鉢には、この校庭に思い出をもつ人の名を記してある。
思い出がある人には思い入れがあるかもしれないが、関係ない立場で見ると、どうということもない。
春には鉢に花を植え、咲かせる予定という。
花が咲けばいいか?どうかなあ?


88 本間純 「Melting Wall」 津南

津南町中津峡小学校跡。
1884年開校、1992年廃校。今は「かたくりの宿」という宿に改装され、内部は学校らしくなくなっている。

校庭にはまだ学校らしい雰囲気がある。
プールも残っていたが、ずいぶん荒れていたのを復旧して、作品を設置した。ガイドブックのイメージ図を見て、プールの端に簡単に板を立てているのかと予想していた。
ところが、プールの中央にがっちりと基礎を作って枠を立ち上げ、厚いガラスをはめている。
ガラス板には、上部から水が流れ、ガラス越しに眺める風景が揺らいで見える。
青いプール、緑の田を揺らめかせて流れ落ちる水。
清冽な印象を受ける。
水の流れは電動のモーターなどではなくて、山から流れ落ちる水の落差を利用しているという。


186 日比野克彦 「明後日新聞社」 松代

松代町莇平(あざみひら)小学校跡。
1階は別な用途に転用されていて、学校らしい面影はない。
2階に明後日新聞の編集室。
トリエンナーレ開会の7月20日に行くと、夕方から近所の人も招待して明後日新聞の発刊式があるので、作家やスタッフが準備に忙しそうに働いていた。
昔懐かしい謄写版が置いてあって、それで印刷するのかと思ったら、原紙の入手が難しくて諦め、作家の手書き文字をフォントに登録して原稿を作り、町の印刷所で印刷することにしたという。
観客も記者になって記事を書いて、トリエンナーレの期間中、毎日発行の予定という。
原稿を確保する→割り付ける→印刷発注→トリエンナーレセンターなどに配って販売する
というのだから、開会後、いちばんエネルギーが必要な作品だと思う。
学校跡だからといって感傷的になるのではなく、学校を使って元気にがんばってしまおうという勢いが頼もしい。
1部30円。妻有にいるあいだに3号まで買った。

奥の教室には日比野作品。
校庭から建物に180本のロープが伸び、朝顔が伸びていくようにしてあるが、まだツルが地面近くまできり伸びていない。


* ミティラー美術館 十日町

新潟県十日町市大池
ほくほく線・JR飯山線十日町駅下車 タクシー(15分)
ほくほく線美佐島駅よりタクシー7分
関越自動車道 六日町インター・越後川口インターから十日町方面へ
10:00−18:00 
休館日:火曜日(祝・祭日の場合はその翌日)
tel.0257-52-2396
http://www.bekkoame.ne.jp/~mithila/

十日町市大池小学校跡(1980年廃校)。美術館は1982年に設立。

長谷川時夫館長はもと前衛音楽グループ「タージマハール旅行団」の人。きれいな月を求めてこの土地に移り住んできていた。学校が廃校になり、リゾート施設ができそうになって立ち上がり、校舎を借り受け、インドの民衆芸術ミティラー画を収集・展示する美術館にした。

このあたりのことは美術館のホームページに詳しく、生き方、考え方、行動にこころ惹かれる。

大池のほとりの、ひっそりとした静かな景観にも気持ちが安らぐ。
観光施設を作っても、そこそこ人を集められるロケーションだが、それではこの静かな場の空気は損なわれるだろう。この美術館は、この土地のかけがえのない宝になっている。



TOPこのコースのはじめに戻る次へ→