さった峠から東海道広重美術館+磯崎新のグランシップ


その他の広重の美術館−馬頭町広重美術館(隈研吾)など


歌川広重

1797-1858
防火にあたる下級武士の跡継ぎとして江戸城近くに生まれる。
十代で浮世絵師を志し、歌川豊広に入門。
「東海道五拾三次」1834で人気を確立。
切手で名高い「月に雁」、ゴッホが模写した大胆な構図の「亀戸梅屋舗」など。
かつて永谷園のお茶漬け海苔に広重の浮世絵カードがついていた。



東海道広重美術館

静岡県庵原郡由比町由比297ー1
  新幹線三島駅か静岡駅で東海道本線乗り換え由比駅徒歩25分
  東名富士icか清水icから国道1号経由県道富士由比線
9:00-17:00
休館:月曜 祝日の翌日 年末年始
tel. 0543-75-4454 fax. 0543-75-5321 

[ 蒲原〜東海道広重美術館・由比本陣記念館御幸亭・正雪紺屋]



中山道広重美術館

岐阜県恵那市大井町176番地の1
  名古屋からJR中央本線で1時間 恵那駅から駅前中央通り
9:30-17:00
休館:月曜日(祝日は除く) 祝日の翌日 年末年始
   展示替えなどによる特別休館
tel. 0573-20-0522  fax. 0573-25-0322 
http://museum.city.ena.gifu.jp/index2.html


2001.9.21開館
市内在住の収集家田中春雄氏から寄贈された歌川広重の浮世絵版画などを所蔵。
恵那市には旧中山道が通り、かつてこの地域の代表的な宿場町として栄えた大井宿がある。

  その歴史的財産を活用しながら、芸術・文化の振興に役立てようと、美術館が建設されました。またこの美術館は、商店街の中に位置し、美術館を中心として中心市街地ににぎわいを取り戻そうという新しい試みでもあります。


設計は、(株)車戸建築事務所。
1998年から1999年にかけて実施された公募プロポーザルにより、102件のなかから選ばれた。

審査委員:
 小寺武久(中部大学教授)=委員長
 片木 篤(名古屋大学教授)
 加藤晃規(関西学院大学教授)
 平光明彦(岐阜県美術館館長)
 安藤健一(恵那市民代表 恵那市商店街連合会会長)
 小栗章正(恵那市代表  恵那市教育長)

審査結果:
 採用者 (株)車戸建築事務所 http://www.kurumado.co.jp/
 次点者 (株)新居千秋都市建築設計
 優秀者 (株)栗生総合計画事務所
 優秀者 (株)藤川原設計
 優秀者 (株)早川邦彦建築研究室

最終選定に残った5案については、市民公開ヒアリングが行われ、また選定過程、応募案などをまとめた「中山道広重美術館(仮称)プロポーザル記録」が編集され、美術館で販売している。



馬頭町広重美術館

栃木県那須郡馬頭町馬頭 116-9
JR宇都宮駅 バス停「宮の橋北」から東野バス「馬頭行き」で「馬頭役場前」下車
(約1時間40分)
東武鉄道宇都宮駅前 東野バス「馬頭行き」で「室町」下車(約1時間50分)
JR氏家駅     東野バス「馬頭行き」で「室町」下車(約50分)
JR烏山駅     JRバス常野線「馬頭行き」で「馬頭室町」下車(約40分)

常磐自動車道那珂インターから1時間
東北自動車道矢板インターから50分
東北自動車道宇都宮インターから50分

9:30-17:00
休館:月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日) 祝日の翌日(土・日曜日は開館)
   展示替え期間 12/28-1/4
tel. 0287-92-1199 
http://hiroshige.bato.tochigi.jp


明治3年に栃木県塩谷郡熟田村狭間田(現氏家町)に生まれた故・青木藤作氏のコレクション。
肥料店を佐久山、氏家、西那須野で営み、実業家として成功し、広重の肉筆画や版画をはじめとする美術品を収集したが、1995年1月の阪神淡路大震災に被災した遺族が寄贈を申し出た。

美術館は、この青木コレクションを核とした作品を展示し、町の中核的文化施設、さらに八溝地域の活性化につながる広域的文化施設とすることを目的に設置しました。地域住民の文化活動の充実と、他の美術館や海外との交流が円滑に図られるようなネットワーク作りを目指しています。

美術館の設計は隈研吾。



UFJ銀行貨幣資料館

名古屋市中区錦2丁目20番25号
  地下鉄伏見駅3番出口徒歩4分
  地下鉄栄駅8番出口徒歩6分
9:00-16:00
休館:土・日・祝日(銀行窓口休業日)
tel. 052-211-1111(代) 
http://www.ufjbank.co.jp/ippan/gallery/index.html


東海銀行と三和銀行が合併してUFJ銀行が誕生(2002.1.15)。
これに伴い、旧東海銀行貨幣資料館が2002.1.28、移転オープン。
1961年まで旧・東海銀行本店として使用されていた建物。
銀座7丁目の東海ビル6Fにあった [ アート廣重 ]もこちらに統合された。


TOP / このコースの目次に戻る