三室山から吉川英治記念館



4 谷口吉郎+秩父セメント第2工場の夢


谷口吉郎(1904-1979)

1904 石川県金沢市生まれ
1928 東京帝国大学工学部建築学科卒業
1937 慶應義塾幼稚舎
1947 藤村記念堂(1949建築学会作品賞)
1956 秩父セメント第2工場(建築学会作品賞)
    高村光太郎葬儀式場構成
1959 千鳥ケ淵戦没者墓苑 石川県美術館
1960 東宮御所
1962 ホテルオークラ
    日本芸術院会員

1964 博物館明治村館長
1940年に鹿鳴館が取り壊されるのを見て、「明治建築に対する愛惜の情」を覚えて近代建築の保存を志し、1965開村。

1965 東京工業大学教授定年退官 名誉教授
1966 帝国劇場 山種美術館 出光美術館
1967 上山市立斉藤茂吉記念館
1968 東大寺図書館 東京国立博物館東洋館
1969 東京国立近代美術館
1974 日本学士院会館 国立飛鳥資料館
1976 吉川英治記念館
1977 東京国立近代美術館工芸館
1978 愛知県陶磁資料館
1979 死去



秩父セメント第2工場の夢
建築も楽しんでみようというつもりで美術館を歩いていて、ミュージアム以外の建物にまで対象を広げてしまうときりがないが、谷口吉郎の「秩父セメント第2工場」については山とも文化とも関わりがある。

この建物はDOCOMOMO20選に選ばれた。
DOCOMOMO(ドコモモ)はThe International organization for the Documents and Conservation of buildings , sites and neighborhoods of the Modern Movement の略。「モダン・ムーブメントにかかわる建物と環境形成の記録調査及び保存のための国際組織」で、1988年に結成された。
「われわれの時代の変化が激しいために、文化的に重要なものや、われわれの文明の連続性の一部をなしているものを消し去ることに対して対策を考えようとする」(*)もので、その活動の一環としてそれぞれの国の近代建築の流れのなかで重要なものを20選び出す作業が行われた。
保存のための組織とあるように、ただ建築史のなかで重要というだけでなく、今も存在している建物が条件になっている。
 * 日本のモダン・ムーブメントの重要性 フーベルト・ヤン・ヘンケット(ドコモモ・インターナショナル会長) 藤岡洋保 渡辺研司訳 「文化遺産としてのモダニズム建築展」カタログ 2000
(写真や模型による展覧会が、神奈川県立近代美術館において、2000.1.26-3.26まで開かれた。)

ここで選ばれることは、近代の建築という限定つきだが世界遺産に選ばれたのと同じくらい価値のあることである。また、実際に、記念物に関する国際組織 ICOSMOS からの依頼で、ユネスコの世界遺産リストに20世紀の重要な建物や作品を加えるための作業であるという。(上と同じ文章から)

 20選は次のとおり。(建物名、建築年、設計者、所在地の順)

1 一連の同潤会アパートメントハウス
             1926-30 (財)同潤会 東京7カ所
2 住友ビルディング 1926 住友合資会社工作部(長谷部鋭吉・竹腰健造)
                 大阪市東区北浜
3 聴竹居       1928 藤井厚二 京都府乙訓郡大山崎町
4 小菅刑務所(現・東京拘置所)・管理棟
             1929 蒲原重雄(司法省営繕課) 東京都葛飾区小菅
5 東京中央郵便局 1931 吉田鉄郎(逓信省営繕課)
                 東京都千代田区丸の内
6 土浦亀城自邸   1935 土浦亀城 東京都目黒区上大崎
7 慶應義塾幼稚舎 1937 谷口吉郎+曾?中條建築事務所
                 東京都渋谷区恵比寿
8 宇部市民館(現・宇部市渡辺翁記念会館)
             1937 村野藤吾 山口県宇部市朝日
9 八勝館御幸の間 1950 堀口捨己 名古屋市昭和区広路
10 神奈川県立近代美術館
             1951 坂倉準三 神奈川県鎌倉市雪ノ下
11 広島ピースセンター (現・広島平和記念資料館及び広島平和記念公園)
             1952 丹下健三 広島区中区中島
12 コアのあるH氏のすまい   1953 増沢詢 東京都世田谷区等々力
13 神奈川県立図書館・音楽堂 1954 前川國男
                        神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘
14 秩父セメント第2工場(現・太平洋セメント第2工場)
           1956 谷口吉郎+日建設計 埼玉県秩父市大野原
15 日土小学校  1958  松村正恒 愛媛県八幡浜市日土
16 香川県庁舎  1958  丹下健三 香川県高松市天神町
17 群馬音楽センター   1961 アントニン・レーモンド 群馬県高崎市高松
18 国立屋内総合競技場 1964 丹下健三+URTEC 東京都渋谷区神南
19 大学セミナーハウス 1965 吉阪隆正+U研究室
                    東京都八王子市柚木
20 パレスサイドビル   1966 日建設計(林昌二) 東京都千代田区一ツ橋


「秩父セメント第2工場」は、山に囲まれた秩父盆地のなかの、しかも工場建築が選ばれているという点で、ほかの建築とは際だった特徴をもっている。
セメント製造は、典型的な装置産業であって、広い敷地に大きな工場が建ち並ぶ。建築展のカタログに、明るくて美しい工場を目指して当時としては格段に清潔な工場が作られたとあるが、実際、正門を入ると、広い通路が真っ直ぐ伸び、門の内側、右手に水を張った池を中心にした庭園があって、広々とした光景に迎えられる。
大きな建物の壁は、小さな矩形に分割されて端正な表情を見せ、中に入ると、光が見事なリズムを作っている。

(撮影:埼玉県立自然の博物館 本間岳史)

秩父セメント鰍ヘ小野田セメント鰍ニ合併して秩父小野田鰍ニなり、さらにその後、日本セメント鰍加えて太平洋セメント鰍ノなっている。
セメントは生産過剰のため第1工場はすでに操業を止めているが、第2工場も分社化し、生産量を減らすことが発表された。(2000年3月18日。太平洋セメントのホームページで見られる。)

「秩父セメント第2工場」は市内にかなり広い面積を占めている。工場としての機能は続けたまま、外部の人にも開かれたしかけができればいいというのが僕の夢である。具体的には、フィクションではなく、実際の工場というテーマによるテーマパークのようなものができないものだろうか。
谷口吉郎に設計を依頼するような社風があり、武甲山資料館を協同して作り、石灰岩採掘跡には植林をする会社のことだから、いつのまにか「秩父セメント第2工場」が取り壊されてしまうというようなことはないにしても、まずあしもとの秩父市民がもっと関心(と誇り)をもつべきだろうと思う。
数十年間の経済的安定のために山を削って、元より低く変形した山の姿が残っただけというのでは寂しい。かわりに大きな遺産も残したといえるように、市民や、市の外からでも、関心をもつ人たちの智恵を集めて、工場が生きて残るといい。


こちらもごらんください。
[ 武甲山からやまと−あ−とみゅ−じあむ+長瀞綜合博物館 ]
[ 武甲山から武甲山資料館 ]

[ 安芸小富士から平和記念資料館・ひろしま美術館 原民喜詩碑/谷口吉郎 ]


| 1 三室山 | 2 吉川英治記念館 | 3 水織音さしえ美術館 |
| 4 谷口吉郎+秩父セメント第2工場の夢 |
TOP |